新興宗教として、ここ数年でさらに勢力を拡大している真如苑。

そうなってくると、嫌でも浮上してくるのが

「結婚を考えている相手が真如苑をやっているみたいなんだけど、どうなんだろう、、」問題です。

 

僕の家族は全く真如苑に関わりはないのですが、母方の叔母が真如苑の40年選手です。(笑)

(↑この記事にその体験談も書いてます。)

 

そのため、真如苑がどういうところか、信者の人がどういった思考かといった部分についてはかなり理解しているつもりですので、

読んでみて頂ければと思います!

 

MEMO

 

Twitterやブログのコメント欄に相談を頂くことが増えたのですが、

僕自身は相談のプロではないので、マルチ商法・悪徳商法・詐欺案件などのお悩みに関して

専門家の方に無料相談が出来る媒体をご紹介しておきます!

 

ココナラ(お悩みメール相談・話し相手)

マルチ商法や悪徳商法に関する相談が無料で出来る一般社団法人ボイス

悪質サイト詐欺被害専門の弥栄法律事務所

真如苑の人とは結婚出来ない?

 

基本的に、相手が真如苑をやっている=真如苑から反対される=結婚できないということはないと思います。

 

ただ、もし結婚出来たとしても、上手くいくかどうかっていうのはかなり疑問符です。

 

僕の体験談を書いた別記事でもご紹介していますが、

真如苑の信者の人は、基本的に信者の人が言うこと、接心で言われることが最優先になってきます。

 

真如苑の信者である僕の叔母の体験談なので、今回の結婚に関するテーマとは違うのですが、真如苑の信者の人の特長は分かると思うので、そちらも読んで頂きたいです。

 

なので、結婚相手が真如苑の人の場合、完全に1対1で話すということが成り立ちにくいはずなんですよね。

 

これはもちろん、形式としてそういう機会を設けること自体が難しい、、というわけではないです。

そうではなく、どんなに2人で話したとしても、¨真如苑から聞く意見¨というものが常にそこに入ってくるということです

 

何について話したとしても、「真如苑ではこう言われた」というのがくっついてきます。

しかも相手はそこにかなりの価値を見出しているわけです。

 

ということはつまり、結婚する段階で既に、コミュニケーションとして健全な体を成していけない可能性が高いです。

信者でない側の方は多かれ少なかれ、疲弊してしまうはずです。

 

そして、そもそもそういった土台の上にある婚姻関係が、果たして円滑に長く続くのか?ということになってきます。

 

また、これも地味に軽視できないポイントですが、おそらく真如苑の信者の方と結婚されると、

家の中は真如苑グッズで溢れることになります。

 

真如苑は各地に、超豪勢な自分達の施設を建てています。

ですがそれは、信者の方からの(多額の)寄付や接心の代金という形で多くのお金を集めているから、

というわけではないと思われます。

 

 

もちろん、それも大きな要素の1つではあると思いますが、

それよりも真如苑の場合、色んな企業と提携して、生活全般のグッズを販売することが大きな収益の柱の1つになっています。

 

その分、法外な寄付金を集めたりしている場合と比べると、一見すると幾分か健全な形に見えます。

ただ、それが逆にまた厄介なのですが、

いずれにせよ、信者の方の大半は自ら進んでそういったグッズを購入するので、結果として家の中にそれらが溢れることになります。

 

そこに関してどう思うかについては、個人差があるとは思います。

ただ、これまでそういった光景に慣れていない方は単純に面食らう部分はあるでしょうし、

生活そのものに関わることですから、その1点だけでも辟易してしまう人も少なくないはずです。

 

これらのことをまとめると、

真如苑信者の方とご結婚されるのであれば、以下のどれかの選択肢を取るしかない気がします。

 

  • そういったことが待ち受けていると覚悟した上で結婚する
  • 自分も入信する
  • 相手をやめさせる

 

どれも茨の道ですが、特に最後は難しいと思いますし、

もし今の時点で「やめさせたい」という気持ちであるなら、正直真如苑の方との結婚は難しいとは思います。

 

真如苑の人との結婚は家族から反対される?

 

これはもちろん、こちらの親族の方が真如苑のことを知っているか、どういったイメージを持つかに左右されます。

 

真如苑は、ここ数年で急激に勢力?を拡大しています。

そのため、真如苑について新たに知ることとなった人、疑いを持つ人の数も増えています。

 

そしてこれは何も、僕が印象論で書いているわけではありません。

新興宗教としてスタンダードな地位を築いている「創価学会」は、ご存知の方も多いと思います。

 

そんな創価学会のGoogle検索数は、月間24万回ほど。

 

一方、真如苑はというと、、16万回(!)なんですね。

なんと、創価学会にかなり肉薄する数字を叩き出しています。

 

そういう状況になってくるとやはり、自分の子供の結婚相手が真如苑だった場合、反対される可能性も充分有り得ますよね。

 

もしかしたら、反対まではされないかもしれません。

¨親族に真如苑の信者の人が加わることでどういう影響があるのか¨、信者でない人たちには想像するのにも限界があるからです。

 

いずれにせよ、後でトラブルになることは目に見えているので、

隠したまま結婚」っていうのは絶対やめておいた方が良いと思います。

 

おすすめの記事