別記事で、真如苑にハマりまくっている僕の叔母についてご紹介しました。

 

 

今回は、同じく真如苑に通っていて、叔母と行動を共にすることも多い、叔母の叔母について紹介します。

 

¨叔母の叔母¨と毎度表記するのはアレなので、Kちゃんとします。
ちなみに、僕もとても可愛がってもらっており、実際に僕が呼んでいるのと近い形です。

 

MEMO

 

Twitterやブログのコメント欄に相談を頂くことが増えたのですが、

僕自身は相談のプロではないので、マルチ商法・悪徳商法・詐欺案件などのお悩みに関して

専門家の方に無料相談が出来る媒体をご紹介しておきます!

 

ココナラ(お悩みメール相談・話し相手)

マルチ商法や悪徳商法に関する相談が無料で出来る一般社団法人ボイス

悪質サイト詐欺被害専門の弥栄法律事務所

Kちゃんについて

 

思いっきり戦争世代のおばあちゃん。既に年齢は90代。

 

流石に少し腰は曲がってきているものの、県や市から贈られる(らしい)

¨100歳のお祝い金的なもの¨をゲットするべく、

まだ死ねない」と日々張り切っているパワフルなおばあちゃんです。

 

叔母から真如苑に誘われ、自身に交通の足がないこともあり、一緒に車で真如苑に行っています。

 

Kちゃんのハマり具合は?

 

結論から言うと、Kちゃんはそこまで真如苑にハマってるわけではないんですね。

 

Kちゃんとは僕も年1回くらい会うのですが、

真如苑の話が特に出てくるわけではないのはもちろん、

「なんか、最近言うこと変わったな」みたいに思うようなこともないです。

 

ハマっている叔母とも行動を共にし、一緒に真如苑にも行っているのに、なぜそんなことになるのか。

これは、「それくらいの年齢の人だから、そもそも大きく変わることは無いんじゃね?」っていう以上の、

そもそもの性格や考え方に起因する理由があると思っています。

 

おそらく、結構レアなケースだと思うんですが、「こういう人もいる」という例として紹介したかったのが、この記事の主題です。

 

考えられる理由

節操がないから

 

Kちゃんは、良く言えば日本古来の多神教、悪く言えば(?)節操がなく、

手を合わせる対象であれば、究極は何でも良いという感じの人です。

 

感謝することがあれば、道の草木にだって手を合わせるし、

仏と名のつくものであれば漏れなく、「ありがたい、ありがたい」と言って手を合わせます。

 

要は、真如苑に行く理由をKちゃんに問うたとしても

そこに真如苑があるから」程度の認識でしかないということです。

 

そこに加えて「叔母が連れてってくれるから」という2本柱の理由です。笑
自分では絶対行かない&行けないです。

 

つまり、特定の対象に傾倒するということ自体がそもそも無いんですね。

 

自分に芯がある

 

¨そもそも人生の大先輩にこんなことを偉そうに言うのはどうなのか¨

というのは百も承知ですが、Kちゃんは、結構自分の中に芯がある人です。

 

「自分はこう思う」というのを割とはっきり持っているので、

「接心でこう言われたけど、うちはそうは思わん」と言っているのは、何度か聞きました。笑

 

むしろ、接心のアドバイザー?にプチ説教することもあるらしいです。笑

 

というか、普通に¨年の功¨みたいな部分だけを鑑みても、
年配の人のあれこれにに対して、年端もいかない人が口を出すこと自体、矛盾している側面もあると思います。

 

その点が、自分の中に確固たる考えがないゆえ、全てが接心の赴くままになっている叔母との大きな違いで、

Kちゃんが真如苑をはじめとする宗教にガッツリハマっていない理由の1つになっていると思います。

 

見返りを求めていない

 

先述の通りKちゃんの信仰の目的は、自分が有難いと思った時、

対象に対して、自分のその思いを伝える(?)ことです。

 

つまり、そのことによる自分への見返りをまるで求めていません。

 

それが本来の形だとは思うんですが、ここに関しても、ドップリハマっている叔母とは大きな違いになってます。

 

叔母は、おそらく真如苑のテーマの1つでもある「功徳を積む」というワードをやたら口にするんですね。

 

もちろん、それ自体は悪いことではないんだと思います。

 

でも、叔母の場合、その「功徳を積む」とやらの目的は、そのことによる自分へのリターンなんですね。

¨これだけ徳を積むことをしたのだから、自分にこれだけ良いことがあるはずだ¨みたいな。

 

要は、むちゃくちゃ不純な動機であるわけです。笑

 

  • 人のために無償の愛を
  • 自分の身を清めたい

みたいな崇高な精神とは、真逆の地平に立ってるといってもいいので。笑

 

そうなってくると、つまりはキリが無くなってくるんですね。

拝んだからその分量だけ良いことが起きる、、」なんていう風には実際の世の中は上手く(?)出来てませんから、

まだ足りない、まだ足りないといってドンドンのめり込むことになります。

 

その点見返りを全く求めていないKちゃんは、自分の中での目的は、手を合わせたり拝んだりした時点でほぼ達成しているため、

そこから先の深みにハマる理由が元々無いわけです。

 

まとめ

 

同じ血縁上にいて、ある程度は同じような行動を取っている2人でも、

これだけ差があることもあるという例としてお話してきました。

 

Kちゃんの方が、本来の意味的な「宗教」に近い精神性なんじゃないかなと思います。

 

一概には言えませんが、叔母のような性格に近い人ほど、新興宗教にハマりやすい傾向があるとは思いますので、

参考になる点があれば嬉しいです。

 

おすすめの記事