2022年1月に起きたトンガの海底火山での噴火では、国内では最大8万人が、噴火や津波の影響を受けたとの推計があります。

 

トンガ王国は、3.11、東日本大震災の際にも日本に寄付(900万円)してくれていたこともあり、「今度は俺たちの番だ!」という機運が高まっています。

 

ただし、そういった流れに乗じて、募金詐欺・義援金詐欺を企んだ動きなどが、Twitterなどでも散見されます。

せっかくのあなたの善意を無駄にしないためにも、募金を送る先には注意して頂きたいところです。

 

1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

トンガ王国に募金したい方へ 義援金を送るおすすめの機関

追記

Yahooに募金・寄付が出来るページが設けられました!

 

こういった災害関連の事案の場合、最も無難なのは日本赤十字社の国内災害義援金・海外救援金への寄付です。

 

日本赤十字社ホームページ

 

2021年1/17日現在、まだトンガへの寄付の窓口は開設されていませんが、

数日以内に調整が行われる予定です。

 

その他、現在ではNTTが支援を発表していますが、

スポンサーになっているラグビーチームでのSpoLiveを使用した募金活動という限定的なものに留まっていますので、

多くの方がより気軽に利用しやすいのは、やはり赤十字社だと思います。

 

詐欺に注意!

 

Twitter上などでは特に、今回の災害に便乗した義援金詐欺と疑われる事案が少なからず見受けられます。

(ホント、詐欺を働こうとする連中は抜け目が無くて、逆に感心するほどです。笑)

 

名前のある企業などを謳うケースも今後出てくると思われますので、リンク先のホームページなどを必ずよく確認して頂きたいと思います。

また、そもそも、掲載・シェアしているアカウントが怪しかったり、信頼できるものでなければ、リンク自体をクリックしない方が良いです。

 

MEMO

他国の状況も大変ですが、コロナや地震を含め
我が国も結構シャレにならない状況になってきているので、
防災・自己防衛に役立つアイテムも紹介しておきます。

 

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】

 

おすすめの記事