この記事では、アムウェイの代表的な成功者(とされている)の名前と経歴を一覧でご紹介しています。

 

ちなみに、読んで頂くと分かると思いますが、この記事及びこのサイトは、アムウェイを推奨するものでは全くありません。

アムウェイの成功者について調べている方がいらっしゃるので、情報としてお届けするという趣旨です。

 

MEMO

 

Twitterやブログのコメント欄に相談を頂くことが増えたのですが、

僕自身は相談のプロではないので、マルチ商法・悪徳商法・詐欺案件などのお悩みに関して

専門家の方に無料相談が出来る媒体をご紹介しておきます!

 

ココナラ(お悩みメール相談・話し相手)

マルチ商法や悪徳商法に関する相談が無料で出来る一般社団法人ボイス

悪質サイト詐欺被害専門の弥栄法律事務所

アムウェイの成功者一覧

名前と経歴

中島薫(なかじまかおる)

 

1952年生まれ(69歳)

アムウェイの中でも、有名度・実績がトップ中のトップとされている人物。

アムウェイを始めて約5年でアムウェイのクラウンアンバサダーに就任し、年収は10億円以上と言われています。

(クラウンアンバサダーはアムウェイが独自に定義している¨ランク¨みたいなものです。)

 

元々有名な作曲家らしく(←聞いたことない

そもそも彼自身が評価を得ていたこと、海外にも人脈が豊富であったことも成功の要因の一つと言われています。

 

 

渡部敬祐(わたなべけいすけ)

 

アムウェイ史上最速で、ダイヤモンドD・Dになった人物。

(ダイヤモンドD・Dもアムウェイのランクの名称です。)

 

年収は彼の発言やアムウェイの公表によると、2000万円以上。

アムウェイを初めて2年弱で達成。

 

高校時代に能代商業高校バスケ部でキャプテンを務め、インターハイ優勝を経験。

その後日本大学で、2回の日本一を経験している。

 

19歳のころ、先述の中島薫氏と出会い、アムウェイを始める。

 

 

 

北紺守彦(きたこんもりひこ)

 

17歳でサーフィンを始め、23歳頃からアムウェイを始める。

 

中島薫氏との親交も深く、

¨ハワイでサーフィンしながら自由を手に入れた俺¨

¨リゾート地にサーフィンとバカンスの旅に出かけている¨

的なブランディングが特長。

 

 

まとめ

 

この記事を読んで、「へ~すごい!」という感想を少しでも持った方は危ないと思います。

 

なぜかと言うと、アムウェイに限らず、こういう話を耳にした場合全般に関係するお話ですが、

「それってアナタは実際に本当かどうかちゃんと確かめたんですか?確証は得られたんですか?」っていうお話なんですよね。

 

そういうお話の真偽っていうのは、全部本当かもしれないし、一部は嘘かもしれないし、全部嘘かもしれない。

という感じで、第三者には確かめようがないことです。

 

この記事を書いている私は

「年収1000億円です!」

「仕事は一切しない自由を謳歌してます!」

「彼女が10000人います!」

 

、、文字だけなら、そして口で言うだけなら、¨秒¨で出来ます。(笑)

(記事冒頭で「成功者(とされている)」と書いたのはそのためです。)

 

これは、アムウェイに限った話ではありません。

何事も「正しく疑ってかかる」ということは非常に大事なので、そのことを頭に入れておいて欲しいなと思います。

おすすめの記事